数年に一度出来る「尿路結石」。
今年は1月末に「なんだかおかしい!」と、気づき、泌尿器課で診察してもらったら、案の定、石が尿路に詰まってました(泣)痛いし、血尿は出るし・・・。
今回は大きい!なーんと!!1センチ!
2mmの尿管から出るわけないじゃん(大泣)

そして2月初旬、長男と香港旅行。このときも座薬でなんとかしのぎました。トホホ。
そして、ESWL(体の外から衝撃波で砕く方法)を2月と3月に、2回も実施したものの、結局出ない。

先生いわく「もう出さないと腎臓がヤバい」とのことで、TUL(経尿道的尿管砕石術)をすることになりました。私の46センチ主砲!!(12.7ミリ機銃か?)の先から、内視鏡とレーザー破壊プローブを入れ、体の中で砕いて取り出します。
4月18-20日まで2泊3日の入院手術。下半身麻酔して手術当日はほぼ寝たきり。あちこちに管がつながれた体は痛いやら、情けないやら。

なんとか退院したものの、まだ膀胱から腎臓までは管が入ったままなので、血尿と残尿感でなんともイライラします。
そして本日、最後の管を抜き、無事解決しました。
何度も尿管結石はやってますが、今回は大きかったから大変でした。

これから夏本番、水分を十分とらなきゃ。

ええっと、、、泌尿器課の看護婦さん、めっちゃベッピンさんでしたが、私の主砲はピクリとも反応せず・・・。こんな時は下半身もTPOをわきまえているのかも?でした。

それにしても散々な日々でした。